ハイローバイナリー.com

バイナリーオプションとは権利の売買である

fsduf9su 米ドル/円が100円のときに、1時間後に100円で米ドルを帰る権利を売買することも可能なのがオプション取引だとということを念頭において、次のことを説明します。

自分が1時間後に米ドル/円が上がっていると予想していた場合、この権利を買っておけば米ドル/円がどれほど暴騰していようと100円で買うことができるのでかなりの利益を出すことができます。ここで、この権利を1枚600円で買ったとしましょう。そして40分後に予想があたり、米ドル/円が急騰して100.05円になったとします。

しかし、自分の買った権利の効力は1時間後なので、あと20分間はこの権利の効力を発揮することはできません。オプション取引では、こんなとき、自分の持っている権利を売ることもできるのです。自分がこの権利を購入した段階では米ドル/円が100円のときだったので、この100円が上がるか下がるかはわかりませんでした。

けれど今は100.5円まで上がっています。自分がこの権利をを手に入れたときより、この権利が力を持ったというわけです。こういった場合、オプション取引ではこの権利の価格が上昇することがあります。米ドル/円が100円のときに600円で買ったのであれば、基本的に600円以上で権利を売却することができます。

価格の詳しい計算方法をバイナリーオプションを始める上で理解する必要はありません。また、もっと詳しいオプション取引の仕組みは後でわかりやすく説明して行きます。ここではまずこういった権利の売買が可能なのがオプション取引だと覚えてください。バイナリーオプションは権利を売買することで利益を得ることもできるんです。

話をバイナリーオプションに戻します。これまでオプション取引の権利売買について説明してきましたが、基本的にはバイナリーオプションでも考え方は同じです。

バイナリーオプションよりもオプション取引の場合は権利の売買が活発に行われますが、バイナリーオプションの場合は買った権利を売却するかどうかだけの選択ができるようになっています。

ただ、本当に利益の出る可能性がない場合は、満期まで待っても全額没収となり、わずかでも途中で権利売却をすることで、少しでも損失を少なくすることができます。

このように、権利の売却が可能な業者であれば、権利売却によって利益を狙うことも可能です。ここまで説明してきたように、バイナリーオプションを利用して利益を得る方法としては、自分が予想したチケットを満期まで持ち続けて利益を得る方法。

満期までに自分にとって有利な方向にレートが動いたとき、権利を売却することによって利益を得る方法の2通りの方法があるということです。ただし、バイナリーオプションはかなり初心者向けに作られており、権利の価格を決定する仕組みはブラックボックスになっています。つまり、売却した場合に、そのチケットがいくらで売れるのか?ということだけが明示される形式になっているのです。