ハイローバイナリー.com

業者が儲けを出している秘密

fsduusdf 上がるか下がるか、単に当てるだけなのがバイナリーオプションです。しかし、どの業者も売買手数料を無料にしているのに、いったいどうやって儲けを出しているのでしょう?

ここではその秘密を暴いてみたいと思います。実は、、、儲けの最大の出どころは、、、我々個人投資家の資金なのです。「はあ?それってどういう意味?」と考え込んだ人もいるでしょう。業者の儲けの元が我々個人投資家の資金だと言っても、どういうことか意味不明ですよね。

取引には相手が必要ですが、バイナリーオプションは相対取引です。自分が口座を持っている業者が、その取引の相手になるのです。例えばハイローオーストラリアに口座を持っていたら、その証券が取引相手です。

バイナリーオプションで、もし相場が下がることを予想してチケットを買い、実際にそのとおりになれば自分が儲かります。しかし、予想が外れてしまったら、、、?取引相手のFX業者が丸儲けなのです!

前にバイナリーオプションで利益を出している投資家は10人中3人から4人と述べました。つまり、6割から7割の確率でFX業者が儲けているのです。どうにも割り切れない気がしますが、我々の資金が、FX業者の最大の利益の元になっている、、、これが現実です。

チケットの価格には業者の利益が上乗せされている!

FX業者は金融工学を駆使して算出したチケットの価格に、いくらか利益を上乗せしてそれを収益源としています。勝ち負けの確率が半々で、当たれば1000円もらえるギャンブルがあったとしましょう。そのチケットの価格は500円が妥当なはずですが、実際には600円でチケットが売られているようなものです。

このギャンブルで胴元が負ければ400円の損害が出ますが、条件を変えずにギャンブルを繰り返せば、結局は胴元が利益を出します。理論的な期待値は「ギャンブルの試行数×上乗せした100円」で計算できます。最終的には上乗せした100円分が胴元の懐に収まるわけです。

バイナリーオプションでも似たようなもので、我々個人投資家の予想が当たっても外れても、長期的に見ればチケットに上乗せされた金額が業者の利益となります。